• ツールド下関
  • ツールド下関
  • ツールド下関
  • ツールド下関

ツールド下関

大会の特徴

エイドポイントの特徴

豊浦エイドポイント(室津ヨットハーバー)

豊浦エイド

ロングコースで最初に訪れる19.8km地点のエイドポイント。

スタート直後の左右に折れ曲がるコースを抜けた後は、海岸線を駆け抜けます。ただし、海沿いならではの強風には要注意。

ヨットハーバーらしく海沿いの解放感のある風景に魅了される参加者も多いとか。

豊北エイドポイント(土井ヶ浜弥生パーク)

豊北エイド

豊浦エイドポイントを抜けて、この豊北エイドポイントまでは”ブルーライン”国道191号で海岸沿いを走行します。

この46.3km地点のエイド地点は弥生時代の出土品もあり日本人のルーツについて想いを馳せれます。

豊田エイドポイント(みのりの丘農業公園)

豊田エイド

海岸線に別れを告げ、「グリーンロード」に入り最初のエイドとなります。

ここまでの道のりは長く、豊北エイドから豊田エイドまでの距離約40kmは、エイド間最長距離となっています。

約20ヘクタールの広大な農業公園内では、温室ハウスや果樹園で季節ごとの野菜・果物の収穫などの農業体験、加工体験が行えます。

菊川エイドポイント(菊川ふれあい会館)※ロングコースのみとなります。

菊川エイド

ロングコースで立ち寄る最後のお腹を満たすエイドとなります。

フィニッシュまでは残り約20kmを残すのみですのですので、地元の声援を受け、元気に走りきるよう頑張ってください。

※昨年までは、菊川チャレンジパークがエイドポイントとなっていましたが、護岸工事のため場所が変更しています。ご注意ください!

※ロングコースのみとなります。

内日エイドポイント(内日にこにこ市場)※ショートコースのみとなります。

内日エイド

昨年までは、私設エイドポイントとしてご協力いただいていた内日エイドポイントが、今年から公式エイドポイントとなりました。ショートコース専用で、往路・復路共通のエイドポイントとなります。

復路でここを通過すると、残りフィニッシュまで13kmです。

深坂エイドポイント(深坂峠)

深坂エイド

ここでは、第6回大会から特別後援をしていただいている「株式会社ブリヂストン」が物品の提供に加え運営面でもサポート。

このエイドポイントを超えた後は、下りきればフィニッシュですが、峠の下りでは事故が多くなっています。エイドで体力回復させた後はスピードを出しすぎないよう安全に!

※ショートコースは往路、復路ともに深坂峠を通過しますが、エイドポイントでの物品の提供は復路のみです。ご注意ください。

抜群のコースロケーション
コースの前半は日本海をメインとした北浦街道を巡る海岸沿いの「ブルーライン」、コースの後半はアップダウンの少ない山間部を走る「グリーンライン」となる絶好のロケーションが参加者の皆様をお迎えします。コースの途中には温泉あり、角島に架かる「角島大橋」と大会が終わっての観光にもどうぞ。
大会当日はもちろん、大会前日の共催イベント”クリテリウム”
大会前日にはスタート・フィニッシュ会場の下関北運動公園にてツール・ド・しものせき共催イベント”クリテリウム”が山口県自転車競技連盟の主催で開催されます。オーヴィジョンスタジアム下関球場を周回するコースは迫力満点!
ツール・ド・しものせきはタイムや順位を競わないサイクルイベントですが、こちらは規定周回で順位を競うレースとなりますので、自分の力を試してみたい方は是非ご参加ください。
大会参加者へ”おもてなし”
スタート・フィニッシュ会場となる下関北運動公園では参加者以外の方も楽しめる「サイクルバザール」を正午より開催します。
サイクルバザールでは自転車に関するイベントや物販バザールなどが大会を盛り上げます。
また、フィニッシュした後は、抽選会や下関名物「ふく鍋」の振る舞いに加え、参加者が一体となれるステージイベント「コカ・コーラ」での乾杯など盛りだくさん。

Copyright © 2006-2017 ツール・ド・しものせき実行委員会. All Rights Reserved.